HOME > 内視鏡センター

内視鏡センターのご案内

〜患者様の立場にたった安心・安楽の医療を目指して

内視鏡センターの業務

<当院内視鏡センターの特徴と検査内容>

内視鏡の機器の進歩、医療技術の進歩に伴い、消化管疾患の診断・治療には内視鏡は必要不可欠なものとなっています。
 当院内視鏡センターでの内視鏡検査の総数は、年間で上部内視鏡検査が約6500件、下部内視鏡検査が1600件施行されています。膵臓・胆管系の検査・治療、ポリープ切除やESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)、食道静脈瘤硬化療法などの処置・治療を多数行っています。
 当院の特徴として経験を積んだスタッフを配置し、内科・外科の連携を密にして患者様の立場にたった安心・安楽の医療を目指し日々研鑽しています。
 上部内視鏡(胃カメラ)は挿入時の苦痛を軽減するため、経鼻内視鏡の導入をすすめ、検査施行時、鎮静剤を投与しています(意識下鎮静法)。これにより、多くの患者様が寝ている間に内視鏡検査を施行できるようになりました。
  また、下部内視鏡の苦痛を軽減するため柔らかく、カメラの硬さを変えることの出来る可変式内視鏡の導入し、更に必要に応じて通常なら空気を送るところを二酸化炭素を使用することにより、検査中・検査後の満腹感や腹痛が軽減されより楽に検査を受けて頂けます。  
 上部下部内視鏡におけるNBI(特殊光による画像強調)、拡大観察によるガンの早期診断を目指し、ESDにて早期がんの根治も目指しています。  
 さらに、ダブルバルーン内視鏡などの小腸内視鏡を導入しました。これにより、小腸の出血の内視鏡治療も可能となり、近隣施設から紹介も受け入れことが可能となりました。

上部内視鏡検査

胃カメラ(上部内視鏡検査)とは

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)とは、口や鼻から内視鏡を挿入し、咽頭・食道・胃・十二指腸を観察する検査です。潰瘍や炎症、腫瘍、ポリープなどを診断するために行ないます。
胃カメラと言っていますが、胃だけを見ているわけでなく咽頭・食道・胃そして十二指腸の上部までを観察しています。
当院では、内視鏡を①口から挿入するか、②鼻から挿入するか、どちらか選択することが出来ます。
鼻からの場合の最大の利点は、口の奥の舌の部分を押さえなくてよく、おえっとする反射が少なくてすむ点です。反射が強く胃カメラは苦手ていう方は試してみて下さい。 ただし患者様によっては、鼻腔の変形、鼻出血、その他の理由により、内視鏡が挿入できない場合がございます。
その際は、口からの挿入を選ぶこととなります。それでも可能なだけ安定剤などを投与し可能だけ楽に出来る様に心がけています。

胃カメラで分かる病気とは?


上部消化管内視鏡検査、いわゆる胃カメラは、胃がん、食道がん、十二指腸がんといった悪性腫瘍などの他に胃潰瘍や十二指腸潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎、胃ポリープ、十二指腸ポリープ、逆流性食道炎、ピロリ菌感染症といった良性疾患の診断・検査に有効です。直接内視鏡を挿入するため、必要に応じて色素散布をしたりNBIなどの特殊な光源を用いより早期がんの診断を行います。また鉗子を挿入し組織を採取し病理検査にて悪性・良性の診断やその他の診断が行えます。

上部内視鏡検査(胃カメラ)を受けられる方の注意事項

上部内視鏡検査の検査手順

大腸内視鏡検査


大腸内視鏡検査とは



大腸内視鏡検査では、大腸(結腸と直腸)と大腸に近い小腸の一部を観察するために肛門から内視鏡を挿入し、これらの部位に発生したポリープや癌などの腫瘍病変や憩室や炎症性の腸疾患などを診断します。最後に肛門部に出来た痔など確認できます。腸の中を観察するだけでなく、病変があった場合は組織の一部をとって調べたり(生検)、病変を内視鏡的に切除(ポリペクトミーや内視鏡的粘膜切除術など)することもできます。

大腸内視鏡検査の受け方



(1) 事前検査


検査を安全に行うために、全身状態を調べたり感染症の有無を知るために、採血検査やその他の検査を行う場合があります。


(2) 検査の前処置


大腸の内視鏡検査を行うには、大腸の中を空にしなければなりません。検査の予約の際に渡される説明書に従って準備してください。当院では下剤を自宅で服用していただく場合と、検査日に病院2階の内視鏡センターにて当日分の下剤を服用していただく場合があります(患者さんが自分に合った方を選んで頂いています)。


検査日が決まったら、2階の内視鏡センターの受付で、検査の手順のご案内とパンフレットをお渡し致します。
それに沿って準備を進めて行きます。検査前日の夕食は軽くする場合や決められた検査食を食べていただくことがあります。当日の朝食は絶食です。午後からの検査の場合は昼食も絶食です。 
例1. ニフレック法(検査当日服用)
例2. ラキソベロン(検査前日就寝前服用)+ニフレック法(検査当日服用)
 例3、ビジクリア(検査当日内服)


ただし、排便状態が十分ではないときには下剤の服用を追加したり、浣腸を追加することがあります。


(3) 検査当日の手順
  来院されましたら、2階内視鏡センター受付にて説明を受けて下さい
待合室にてお待ち下さい。名前が呼ばれたら、指定された場所で検査着に着替えます。
検査室へ移動したら、検査台の上で横になります。
緊張を和らげる軽い安定剤を内服して頂きます。腸蠕動を押さえる薬を注射する場合があります。
おなかに力を入れず楽にしてください。検査時間は患者さんにより多少違いますが、およそ10分から1時間です。
途中で体の向きを変えたり、おなかが圧迫されることがあります。
X線透視を用いて内視鏡の進み具合や腸の形の様子を確認することがあります。
 当院では痛み止めの注射は致しません。痛い場合は検査の途中で遠慮なく教えて下さい。大腸は個人差が強く、薄い臓器で癒着なども多々あります。痛み止めをして痛みをなくして無理矢理施行する方が危険だからです。(胃カメラはどなたがやっても殆ど同じ構造で、喉もとをカメラが通るだけで苦しいので鎮静剤の注射をして行う方が楽です。その意味で当院の胃カメラの場合は注射をして行うことが多いのです)


(4) 検査後の行動、注意事項


おなかが張って来ますので、ガスをどんどん出してください。時間を追って楽になります。
最初、水を少しのみ、気分が悪くならなければ食事しても結構です。
組織やポリープをとった方は、医師の指示により一定期間消化の良い食事をしてください。刺激物、脂っこいもの、アルコール類は避けてください。
検査後、便に少量の血が混じることがありますが心配いりません。しかし、出血量が多くなかなか止まらない場合や、痛みが続く場合には担当部署(外来または検査室)へ至急連絡してください。
検査当日の激しい運動はおやめください。また、お風呂も長風呂を避け、シャワー程度が無難です。
最終検査結果は後日となりますので、次回外来診察日をご確認ください。
検査当日の車などの運転は控えてください。

治療内視鏡検査

<大腸ポリープまたは早期大腸癌の内視鏡治療>


① 良性のポリープや、早期癌の中でも粘膜だけにとどまっているもの、粘膜下層へわずかに広がっているものが内視鏡治療の適応となります。
②方法はホットバイオプシー、ポリペクトミー、内視鏡的粘膜切除術(EMR)にわけられ、病変の大きさや形によって方法を選択します。切除後は1日から1週間程度の入院を要し、出血の有無や腹痛などの状態を観察します。後で出血などあれば再度内視鏡挿入し、止血術を施行することがあります。


<ホットバイオプシーは、小さなポリープに対して、鉗子でつかみながら高周波電流を用いて病変の根もとを焼き切ります。ポリペクトミーは、茎のあるポリープに対して、輪の形のスネアを茎の部分でしめ、高周波電流を用いて切断します。EMRは病変の根もとに生理食塩水などを局注して病変を浮きあがらせてから、スネアでしめつけ、通電して切除します>


③ 大腸内視鏡検査の偶発症
組織検査のため一部をとって調べたり、ポリープの切除などの治療を行うことがありますが、ごくまれに出血や穿孔などの偶発症を起すことがあります。内視鏡的大腸ポリープ切除術(ポリペクトミー)内視鏡的粘膜切除術は内視鏡で行うのですが、ある意味手術を同じですので十分な観察が必要となります。万が一偶発症が起きた場合、入院や緊急の処置・手術が必要になることがあります。なお、大腸内視鏡検査および治療に伴う偶発症発生頻度は日本内視鏡学会の全国集計(1998年から2002年の5年間)で0.069%(1449人に1名の割合)でした。

小腸内視鏡検査

小腸内視鏡検査(ダブルバルーン内視鏡)について

小腸に位置関係


私達が食べた食物は,口から食道を通り胃,十二指腸、小腸(空腸・回腸)そして大腸(結腸・直腸)を通り便となって出て行きます。小腸は主に栄養の吸収を行い、伸ばすとその長さは6〜7メートルもあります。
消化管の検査は、胃カメラと大腸内視鏡検査で行うことが殆どでした。胃カメラでは口から挿入して、食道・胃・十二指腸まで観察可能で、肛門から挿入する大腸内視鏡検査は直腸から大腸の一番奥の盲腸そして、小腸の出口の一部分までしか観察出来ません。

小腸は幸い胃がんや大腸がんのように病変は少ないのですが、これまでは直接検査は出来なく、暗黒の臓器といわれています。

そこで登場したのが小腸内視鏡です。

小腸の位置は,胃と大腸の間にあり口や肛門から遠く,長さは6~7メートルもあります.胃につながる最初の25~30センチが十二指腸で,続いて口側が空腸(くうちょう),肛門側が回腸(かいちょう)と呼ばれます.胃や大腸は所々でおなかの内側に固定されていますが,小腸は固定されておらず自由に動き,長く曲がりくねっている構造のため内視鏡による精密検査が難しい臓器でした.そのため『暗黒の臓器』と言われてきました.

新しい小腸内視鏡検査と始めました


2000年に口から飲み込んで肛門から回収するカプセル内視鏡が開発されますが、これは後で、画像を解析し、病変の有無を確かめる方法ですが処置などは一切出来ません。
2001年にダブルバルーン内視鏡が考案され2004年に世界で初めて日本で発売されました.これまで暗黒の臓器と呼ばれていた小腸が直接観察出来るようになり、現在の内視鏡のトピックともなっています。
当院では沖縄県内でもいち早く導入をすすめ、必要に応じ小腸の検査も行うことが可能となりました。

当院でのダブルバルーン内視鏡

当院でのダブルバルーン内視鏡です(左図).内視鏡をオーバーチューブと呼ばれる筒の内側に通して二重構造にし,内視鏡と筒を尺取り虫のように交互に進ませせながら、内視鏡の中に小腸を蛇腹をたたむ様に短縮しながら先に進むことで小腸全体を観察出来るようになります。
胃カメラや大腸内視鏡と違いやはり検査時間が長く、レントゲン室を必要としますので予約が必要となります。

上部内視鏡検査

大見出し:タブ1

上部内視鏡検査の説明

下部内視鏡検査

大見出し:タブ2

下部内視鏡検査の説明

小腸内視鏡検査

大見出し:タブ3

小腸内視鏡検査の説明

胆管・膵管内視鏡検査

膵臓、胆道系の検査・処置内視鏡の説明

内視鏡的胃瘻増設

内視鏡的胃瘻増設について

気管支内視鏡検査

大見出し:タブ3

気管支内視鏡検査の説明


那覇市上之屋1-3-1
電話:098-867-2116
http://omoromachi-mc.jp