HOME > 地域連携室

地域連携室・医療相談室のご案内

地域連携室の総合案内

病院とご紹介頂いた医療機関との外来受診・入院相談、当院からの他医療機関へのご紹介、入退院調整を担当しています。

【地域の皆様へ】
 最近は地域のクリニックを中心とした在宅医療のネットワークづくりが盛んになっており、在宅医療は今後更に充実していくことと思われます。また、医療機関の機能分化が進み、急性期、回復期、慢性期とそれぞれの役割分担も明らかになってきました。地域の急性期・亜急性期の医療の提供が当院の中心的な役割と考えております。 地域住民の皆様に、より効率的な医療を提供するためにも地域の先生方との連携が今後重要になると認識しております。 当連携室では出来るだけ密接にかつ速やかに地域の医療機関と連携が出来るように努力していくつもりです。 開院7年を経過しましたが、至らない点も多々あったことと思います。今後とも宜しくお願い致します。

【地域連携室・医療相談室の業務内容】
 地域連携室と医療相談室の業務を二人で兼任しており、外来及び入院の患者機の対応をしています。主な業務内容としては
1.医療機関との連携
 ①紹介患者の受診(検査)調整、受け入れ
 ②紹介先医療機関への受診報告
 ③他医療機関への受診調整、転院調整
 ④診療情報提供書・返書等の管理

2.関連機関との連携
 ①行政機関(役所等)との連携
 ②居宅介護支援事業所(主にケアマネージャー)との連絡調整

3各種相談
 ①医療費、生活費に関する相談
 ②福祉制度に関する相談
 ③療養、介護に関する相談
 ①心理的問題に関する相談
 ⑤退院調整       

当院へのご紹介案内

嘉数朗循環器部長が地域連携室室長を兼務し、病診連携の実務窓口を前田・新里が担当しています。

 当院への患者様のご紹介や入院の必要な患者様については9時から18時まで地域連携室は前田・新里が担当しております。 地域の病院の窓口として、ご紹介頂いた患者様の診察、検査等の調整を行っています。

 直通のPHSを有していますので、お急ぎの場合は直接お問い合わせ下さい。
 前田:070-5536-0670 新里:070-5402-6854

(もしも回線がふさがっておりましたら、病院の総合案内098-867-2116までご連絡下さい)

【当院の担当科の診療案内】
(週間担当表は外来担当表をご覧下さい)     お世話になっております連携医療機関
〈内科〉
■浜化器(管腔臓器、肝臓・胆嚢・膵臓):・上部・下部内視鏡検査及び処置内視鏡、総胆管結石等の乳頭切開
   ドレナージ、小腸内規鏡検査、急性・慢性肝炎、食道静朧朧硬化療法等
■呼吸器: COPD、喘息、肺炎、その他の呼吸器感染症、肺癌(診断及び化学療法)
      睡眠時無呼吸疾患の検査・治療、禁煙指導等
■内分秘: 生活習慣病、糖尿病検査・治療、糖尿病教室
■循環器: 高血圧、不整脈・虚血性心疾患の検査、心不全、心エコー検査
■腎臓内科: 腎疾患全般、腹膜透析、人工透析、高血圧、
<外科>
■消化器外科: 内規鏡下手術、胃がん・大腸癌などの各消化器がん、胆石・ヘルニアなどの良性疾患
■肛門外科: 痔核、裂孔、痔瘻など
■胸部外科: 肺がん、縦隔腫瘍、気胸などの胸腔鏡下手術、
■乳腺・甲状腺外科: 乳腺・甲状腺のがんや良性疾患の検査・治療
■心臓・血管外科: 心臓・血管の疾患の検査・治療(手術の必要時琉大2外科と連携)
<整形外科>
  : 関節リウマチ、骨折、人工関節置換術、腰椎圧迫骨折(下肢麻痺症例を除く)
<泌尿器科>
 : 尿路疾患全般、TURP、
<脳神経外科> 
 :頭痛外来(沖縄で唯一の頭痛専門医常駐)、脳梗塞・脳出血(手術必要時は近医紹介、脳ドック
<放射腺科> 
 : CT・MRIによる検査および診断。血管造影・治療(外科と相談)
<麻酔科>
 : 片頭痛、頸部・肩・腕痛、腰痛、下肢痛、帯状庖疹、三叉神経痛、各種神経ブロック、脊髄刺激電極、ボトックス  治療、(顔面けいれん、服除けいれん)
<皮膚科>
:皮膚科全般、アレルギー性皮膚疾患、皮膚腫瘍の診断

地域連携実績

平成22年度までの実績


病診連携・各医療機関名簿

病診連携医療機関名簿クリックお願いします

日頃よりお世話になっております先生方です。ホームページのある医療機関については をクリックすると外部リンクに移動できます。


那覇市上之屋1-3-1
電話:098-867-2116
http://omoromachi-mc.jp